リレーコラム「陽だまり」園池公毅


第1回

作家

科学者と作家

2013/04/08

第2回

記憶力と思考力

記憶力と思考力

2013/04/15

第3回

辞書と言葉

辞書と言葉

2013/04/22

第4回

運動とストレス

運動とストレス

2013/04/30

第5回

明反応と暗反応

明反応と暗反応

2013/05/07

第6回

春の歌声

春の歌声

2013/05/13

第7回

髪の盛衰

髪の盛衰

2013/05/20

第8回

ネクタイの締め方

ネクタイの締め方

2013/05/27

第9回

内と外

内と外

2013/06/03

第10回

植物の覚え方

植物の覚え方

2013/06/10

第11回

英語の勉強

英語の勉強

2013/06/17

第12回

植物の謎

植物の謎

2013/06/24

第13回

仕事の分担

仕事の分担

2013/07/01

第14回

論文作成昔話1 タイプライターの時代

論文作成昔話1 タイプライターの時代

2013/07/08

第15回

論文作成昔話2 ワープロ登場

論文作成昔話2 ワープロ登場

2013/07/16

第16回

論文作成昔話3 グラフの書き方

論文作成昔話3 グラフの書き方

2013/07/22

第17回

携帯とスマホ

携帯とスマホ

2013/07/29

第18回

日本語でしゃべる英語

日本語でしゃべる英語

2013/08/05

第19回

色と言葉

色と言葉

2013/08/19

第20回

寄り道

寄り道

2013/08/26

第21回

部屋の片づけ

部屋の片づけ

2013/09/02

第22回

皮膚の弾力

皮膚の弾力

2013/09/09

第23回

文献調査

文献調査

2013/09/17

第24回

血も涙もある話

血も涙もある話

2013/09/24

第25回

雑用と締切

雑用と締切

2013/09/30

第26回

紅葉の効用

紅葉の効用

2013/10/07

第27回

ブルーバックスの話

ブルーバックスの話

2013/10/15

第28回

子供の成長

子供の成長

2013/10/21

第29回

老眼の話

老眼の話

2013/10/28

第30回

御用聞きの経済学

御用聞きの経済学

2013/11/05

第31回

学生との会話

学生との会話

2013/11/12

第32回

鼻毛の話

鼻毛の話

2013/11/18

第33回

運動神経の有無

運動神経の有無

2013/11/25

第34回

臨機応変な会話

臨機応変な会話

2013/12/02

第35回

漢字変換による生活チェック

漢字変換による生活チェック

2013/12/09

第36回

留学思い出話1 格差の縮小

留学思い出話1 格差の縮小

2013/12/16

第37回

留学思い出話2 部屋を決めるまで

留学思い出話2 部屋を決めるまで

2013/12/24

第38回

留学思い出話3 生活に慣れるまで

留学思い出話3 生活に慣れるまで

2014/01/06

第39回

留学思い出話4 アメリカの生活

留学思い出話4 アメリカの生活

2014/01/14

第40回

論理のない音楽

論理のない音楽

2014/01/20

第41回

たらい舟の謎

たらい舟の謎

2014/02/03

第42回

禅問答の科学

禅問答の科学

2014/02/10

第43回

昔のアルバム

昔のアルバム

2014/02/17

第44回

1番と2番

1番と2番

2014/02/24

第45回

悟りの境地

悟りの境地

2014/03/04

第46回

進歩の功罪

進歩の功罪

2014/03/10

第47回

当たりの確率

当たりの確率

2014/03/17

第48回

卒業生へのスピーチ

卒業生へのスピーチ

2014/03/31

第49回

朝型と夜型

朝型と夜型

2014/04/07

第50回

五十の節目

五十の節目

2014/04/14

ページトップへ戻る
園池公毅

著者: 園池公毅 (早稲田大学教育・総合科学学術院教授)

昭和36年東京生まれ。東京大学教養学部卒。東京大学大学院理学系研究科博士 課程修了。理学博士。理化学研究所特別研究生、東京大学理学部助手、東京大学新領域創成科学研究科准教授を経て現職。専門は植物生理学、特に光合成。植物の光合成について主に生理学の視点から研究を進めるとともに、サイト「光合成の森」などにより、一般向けに光合成の紹介を行なっている。また、和歌の披講や装束の衣紋といった伝統文化の継承にも携わり、新年の宮中行事の一つである歌会始の儀の披講所役を四半世紀にわたって務めている。著書に「光合成とはなにか」(講談社ブルーバックス)、「トコトンやさしい光合成の本」(日刊工業新聞社)など。