アトラジン[atrazine]

  DCMUCMUとともに古くから使用されてきた代表的な除草剤で,今でも研究室では広く使用されている.光化学系Ⅱ反応中心複合体の構成タンパク質の1つD1タンパク質QBキノン電子受容体部位(QB部位)に結合し,数μMオーダーでQAキノン電子受容体とプラストキノン間の電子伝達反応を阻害する.結合の特異性が高いので,アジト(14C)アトラジンを利用してQR部位の数(=光化学系Ⅱ反応中心の数)を測定するのにも利用されている. 2-chloro-4-ethylamino-6-isopropylamino-s-triazineのこと.

atrazine.png

関連項目


Last-modified: 2015-03-26 (木) 11:57:04 (1638d)

添付ファイル: fileatrazine.png 518件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS