クロロバクテン[chlorobactene]

 カロテノイドの一種.緑色硫黄細菌にみられ,片側が芳香環であるφ末端基をもつ.両側にφ末端基をもつイソレニエラテンを持つ種もある.芳香環形成はStreptomycesなどのイソレニエラテン合成酵素(CrtU)と類似の反応と思われる. クロロソームγ-カロテンバクテリオクロロフィルとともに多量に存在するが,機能は不明である.

27 chlorobactene.jpg

関連項目


Last-modified: 2015-03-23 (月) 16:28:44 (1637d)

添付ファイル: file27 chlorobactene.jpg 391件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS