シトクロムc6[cytochrome c 6]

  1分子のヘムcをもつ水溶性のシトクロム.藻類やシアノバクテリアに広く分布する.α帯の吸収極大波長よりc552c553c554などと呼ばれた.分子量約1万,酸化還元電位(Eo')+335~+390 mV.軸配位子はメチオニンとヒスチジン.チラコイド内腔に存在し,シトクロムfから光化学系Ⅰ反応中心(P700)への一電子移動を媒介する.銅イオンが欠乏状態になると誘導的に合成され,プラストシアニンの機能を代替する.藻類の遺伝子(petJ)は核ゲノムにある.高等植物にもシトクロムc6と高い相同性をもつAtc6タンパク質が存在するが,酸化還元電位は+140 mV と低く,機能は異なると推定されている.

関連項目


Last-modified: 2015-03-23 (月) 16:29:35 (1522d)

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS