チラコイド膜[thylakoid membrane]

 チラコイドは「小袋のような」の意.葉緑体シアノバクテリアの内膜系で,クロロフィルを含み光合成の電子伝達の場となっている扁平な膜胞.陸上植物では,グラナチラコイドストロマチラコイドに分化している.その主成分は,脂質では,モノガラクトシルジグリセリド,ジガラクトシルジグリセリド,ホスファチジルグリセロール,スルホキノボシルジグリセリドであり,タンパク質としては光化学系Ⅰ複合体,光化学系Ⅱ複合体,シトクロムb6f複合体,ATP合成酵素などである.また,シアノバクテリアや紅藻はアンテナ色素として,フィコビリソームをチラコイド膜表面に持つ.通常は,葉緑体の包膜やシアノバクテリアの細胞質膜とはつなかっていない.


Last-modified: 2015-03-27 (金) 16:26:24 (911d)

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS