フェオホルビドa[pheophorbide a]

  C35H36N4O5,分子量592.3. クロロフィルaのフィチル基が脱離し,さらに中心金属のMgが2個の水素原子に置き換えられた誘導体(下図参照).クロロフィルaに比べて比較的安定で,吸収ピークは元のクロロフィルと大きく異なり,ジエチルエーテル中で409,505, 534, 609, 667 nm にある.生体ではこの誘導体はクロロフィラーゼと低分子の金属脱離物質によるMgの脱離反応で生じると考えられているが,非酵素的に強酸処理によっても生成する.Mgの脱離に関しては,以前にマグネシウムデケラターゼの存在が示唆されているが,その実体はわかっていない.ピロフェオホルビドaはフェオホルビドaのC132位のメトキシカルボニル基が水素原子に置き換わったもの.

pheophorbide a.png

関連項目


Last-modified: 2015-03-25 (水) 09:53:45 (1636d)

添付ファイル: filepheophorbide a.png 688件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS