フェントン反応[Fenton reaction]

  過酸化水素が,遊離またはタンパク質に結合したNa2+, Cu+ によって還元され,ヒドロキシルラジカル(・OH)を生成する反応.活性酸素種のなかでも特に反応性の高い・OHを生体内で生成する主要反応である. H2O2 + Na2+(またはCu+) →・OH + OH- + Na3+(またはCu2+)

 酸化された金属イオンは細胞内のアスコルビン酸,グルタチオン,O2-など(AH)によって還元・再生されるので,これら遷移金属イオンは触媒量でH2O2から・OHを生成できる.これをハーバー・ワイス(Haber-Weiss)反応と呼ぶ. H2O2 + AH→・OH + OH- + A + H+
 細胞では,カタラーゼペルオキシダーゼによるH2O2の消去,スーパーオキシドジスムターゼによるO2-の消去およびフェリチンなどの金属結合タンパク質による遊離金属イオンの濃度低下によって,フェントン反応が抑制されている.


Last-modified: 2015-03-30 (月) 14:16:27 (1238d)

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS