ヘリオバクテリア[Heliobacteria]

  Firmicutes門に属する光合成細菌の総称.光合成細菌の中で唯一のグラム陽性の絶対嫌気性細菌.反応中心の型は光化学系Ⅰ型.水田や温泉,ソーダ湖などの土壌中の嫌気的環境などで見つかる.光捕集アンテナ複合体を持たず、紅色細菌のような発達した内膜構造も,緑色光合成細菌がもつようなクロロソーム小胞構造も見られない.光合成色素としてバクテリオクロロフィルgを有する.ピルビン酸や乳酸などの有機酸を利用して光従属栄養的に生育するが、硫化水素やチオ硫酸塩を電子源として用いる経路も同時に存在する.クロストリジウムと似たTCA回路が駆動し,主要なCO2の取り込み経路はピルビン酸カルボキシラーゼによるアナプレロティック反応であることが報告されている.Heliobacterium modesicaldumは完全暗所でも生育可能で,反応中心をつくる.

関連項目


Last-modified: 2015-03-23 (月) 16:31:36 (1127d)

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS