ポリフェノール[polyphenol]

  複数のフェノール性水酸基をもつ化合物の総称.2個の水酸基をもつものを2価フェノール,3個の水酸基をもつものを3価フェノールという.生体中では2価フェノールとしてカテコールの誘導体が存在し,その例として3,4-ジヒドロキシフェニルアラニン(ソラマメなど)やクロロゲン酸(タバコなど)がある.3価フェノールの例として没食子酸がある.2~6の水酸基をもつフラボノイド(ケンフェロール,ケルセチンなど)や多数の水酸基をもつタンニン(没食子酸,カテキン,ロイコアントシアニジンなどに加水分解される)もポリフェノールに属する.ポリフェノールは一般的に抗酸化剤となりうる.また,ペルオキシダーゼポリフェノールオキシダーゼによって酸化されて褐色物質になるが,この褐変はアスコルビン酸で抑えられる.表皮組織に蓄積するフラボノイドなどは葉肉組織の葉緑体を紫外線による傷害から保護している.


Last-modified: 2015-03-23 (月) 16:31:49 (1332d)

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS