ミクソール配糖体[myxol glycoside]

 多くのシアノバクテリアにみられるカロテノイド配糖体.ミクソキサントフィル,ミキソキサントフィルとも呼ばれたが,糖部分に多様性がみられるので,配糖体がラムノースのときはミクソールラムノシドと呼ぶことが提唱された.配糖体部分は多くはメチルペントース(ラムノース、フコース、キノボース)である.Synechocystis sp. PCC 6803はミクソール-2'-(2,4-O-ジメチル-α-L-フコシド)をもつ.オシラキサンチンも同様にオシロール配糖体と呼ぶ.ミクソールの水酸基はβ-カロテン水酸化酵素(CrtR)によるが,他の遺伝子は類似の酵素がないためまだ特定されていない.多くは細胞膜中に存在し,過剰な光を吸収しているらしい.

193 myxol-F.jpg

関連項目


Last-modified: 2015-03-23 (月) 16:31:59 (1522d)

添付ファイル: file193 myxol-F.jpg 430件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS