二酸化炭素固定[carbon dioxide fixation]

  光合成などで得られたエネルギーを用いて,外界のCO2を同化する作用をさす.多くの高等植物や藻類の光合成では, Rubisco (ルビスコ)によって捕捉されたCO2は,光合成電子伝達反応により得られたATPの存在下にNADPHによって還元的ペントースリン酸回路(カルビンサイクル)にて還元される.このような二酸化炭素固定系は,反応初期産物が3-ホスホグリセリン酸というC3化合物なので,C3光合成と呼ばれる.二酸化炭素固定系には他に,細胞内でHCO3の形でホスホエノールピルビン酸カルボキシラーゼによってC4化合物 にし, Rubisco近傍でC4化合物 を脱炭酸してRubiscoにCO2を供給するC4光合成CAM型光合成を行う植物も存在する.化学合成細菌では, H2SやNH3の酸化により生じるエネルギーが固定されたCO2の還元に利用される.二酸化炭素固定還元反応に還元的ペントースリン酸回路を利用せず,フェレドキシン依存性アセチルCoA カルボキシラーゼによるCO2固定と還元的TCA回路による還元によって光合成を行う細菌も存在する.


Last-modified: 2015-03-23 (月) 16:32:47 (1579d)

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS