光化学系Ⅰ複合体[PSI complex]

  光化学系Ⅰ複合体は12~14個のポリペプチドから成る膜結合性の複合体である.光化学系Ⅰコア複合体とも呼ばれる.クロロフィルカロテノイド,脂質などを結合しており,光エネルギーを吸収し,その化学エネルギーへの変換反応を担っている.ルーメン側で水溶性の電子供与体(プラストシアニンまたはシトクロムc6)から電子を受け取り,ストロマ側で水溶性の電子受容体(フェレドキシンまたはフラボドキシン)に電子を渡す.光化学系Ⅰを構成するポリペプチドはPsa (光化学系Ⅰタンパク質を示す略称)にAからOまでのアルファベットをつけて呼ばれ,それぞれ対応するpsa 遺伝子(遺伝子名はイタリックで表記し,pが小文字であることに注意)からつくられる.下表にこれらの各成分の大きさおよびその機能をまとめた.
 多くのシアノバクテリアでは,光化学系Ⅰ複合体は三量体を形成する.一方,陸上植物,藻類では単量体で存在し,LHCIと呼ばれる光化学系Ⅰアンテナ色素タンパク質複合体を結合し,光化学系Ⅰ超分子複合体(PSI-LHCI supercomplex)と呼ばれる構造を形成する.

PSI complex.png

関連項目


Last-modified: 2015-03-30 (月) 10:30:34 (1712d)

添付ファイル: filePSI complex.png 645件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS