塩化ナトリウム処理[sodium chloride treatment]

 光化学系Ⅱ標品を,1~2M塩化ナトリウム(NaCl)で処理すること.高等植物の標品では,この処理により,2種の光化学系Ⅱ表在性タンパク質24 (23) kDaタンパク質(psbP遺伝子産物)と18(16) kDaタンパク質(psbQ遺伝子産物)が光化学系Ⅱ複合体から離脱する.処理後の標品の酸素発生活性は低カルシウムまたは低塩素イオン濃度下では著しく低いが,カルシウムと塩素イオンの添加により回復する. 1982~1983年にÅkerlundら,および桑原・村田により開発された.

関連項目


Last-modified: 2015-03-23 (月) 16:34:33 (1616d)

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS