水溶性カロテノイドタンパク質[water-soluble carotenoid protein]

 界面活性剤を用いずに単離される水溶性のカロテノイドタンパク質シアノバクテリアでは分子量や結合するカロテノイドの種類が異なる数種のカロテノイドタンパク質が知られている.多くは細胞表面に存在する.最初にシアノバクテリアのアーソロスピラ・マキシアから,オレンジ色をしたカロテノイドタンパク質(OCP: orange carotenoid protein)が単離された.2分子の3'-ヒドロキシエキネノンが結合していて,立体構造も調べられた.OCPの機能として、フィコビリンから光合成反応中心へ励起エネルギー伝達,過剰エネルギーの熱放散,細胞外膜へのカロテノイドの輸送などが示されているが,まだ確定していない.甲殻類の殻からはアスタキサンチンが結合したクラスタシアニンが単離され,立体構造が明らかになっている.


Last-modified: 2015-03-23 (月) 16:35:18 (1616d)

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS