緑色植物 [green plants]

 陸上植物および緑藻(広義)からなる生物群.葉緑体は緑色を呈し,数や形は多様,シアノバクテリアとの一次共生に起因し,2重膜で囲まれる.チラコイドは複数枚が重なってラメラとなり,ときにグラナを形成する.クロロフィルa, bをもち,ときにマグネシウムジビニルプロトクロロフィリド (MgDVP) が存在する.カロテノイドとしては基本的にルテインネオキサンチンゼアキサンチンビオラキサンチンアンテラキサンチンβ-カロテン(およびときにα-カロテン)をもつが,緑藻の中には特異なカロテノイド(プラシノキサンチンシフォナキサンチンなど)をもつものもいる.貯蔵多糖であるデンプンを色素体内に蓄積する点で真核光合成生物の中で特異である(他では細胞質または色素体周縁区画).緑藻およびツノゴケ類の多くはピレノイドをもち,ふつうデンプン粒で囲まれている.また二次的に光合成能を失った種も存在する(プロトテカ,ラフレシアなど).

 単細胞性(遊泳性,不動性)のものから維管束植物のような複雑な多細胞体を形成するものまで体制は極めて多様.多くはセルロースを含む細胞壁で囲まれるが,糖タンパク質性の細胞壁や有機質鱗片をもつものや明瞭な細胞外被を欠くものもいる.遊泳細胞はふつう2&supsc(n) 本の等長・等運動性の鞭毛をもつが,プラシノ藻には例外も多い.鞭毛基部に星状構造(stellate structure)が存在する.ミトコンドリアは板状クリステをもつ.

 水域から陸上域まで生育環境は極めて多様.特に陸上域では陸上植物が主要な生産者となっており,地球上の一次生産の約半分を担っていると考えられている.

 分類学的には緑色植物亜界(Viridiplantae)に分類される.一般的には同じ一次共生起源の色素体をもつ灰色植物紅色植物に近縁だと考えられており,併せて植物界(kingdom Plantae)または古色素体類(アーケプラスチダ Archaeplastda)にまとめられる.微細構造,生化学的特徴および分子系統解析から,緑色植物は大きく2つの系統群,緑藻植物(chlorophytes)とストレプト植物(streptophytes)に分かれることが示されている(表1).

表1. 緑藻植物とストレプト植物の特徴比較(*は例外有り)

 緑藻植物ストレプト植物
遊泳細胞の鞭毛細胞頂端から,対向*細胞亜頂端から,平行*
鞭毛装置回転対称の十字型*非対称のMLS型*
眼点あり*なし*
核分裂閉鎖型*開放型
細胞質分裂±ファイコプラスト±フラグモプラスト
セルロース合成酵素複合体線状ロゼット状
グリコール酸代謝ミトコンドリア内のグリコール酸デヒドロゲナーゼペルオキシソーム内のグリコール酸オキシダーゼ
銅亜鉛スーパーオキシドジスムターゼなしあり
グリセルアルデヒド-3-リン酸デヒドロゲナーゼ遺伝子重複なし重複あり
イソプレン合成色素体経路色素体経路と細胞質経路
代表生物クラミドモナスイカダモクロレラ,アオサ,カサノリ陸上植物シャジクモ,コレオケーテ,接合藻

Last-modified: 2015-03-23 (月) 16:36:32 (1616d)

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS