群落抵抗(コンダクタンス)[canopy resistance(conductance)]

  植物群落の蒸発散量を定式化するときに用いられるパラメータで,群落の蒸発散抵抗ともいう.群落抵抗の逆数を蒸発散の群落コンダクタンスと呼ぶ.蒸発散量Eは,*空気力学的抵抗rAと群落抵抗rcを用いて次式のように表される.ここでρは空気密度,Tsは群落の代表的な温度,qSAT(Ts)は温度Tsに対する飽和比湿,qは群落上での比湿である(比湿(ρw/p)は,空気中に含まれる水蒸気密度ρwの湿潤空気の密度ρに対する比).群落抵抗は,個々の葉の気孔抵抗や土壌の湿潤度に依存するほか,群落内における拡散過程の影響も受ける.

canopy resistance.png

群落抵抗(コンダクタンス)[canopy resistance(conductance)]

  植物群落の蒸発散量を定式化するときに用いられるパラメータで,群落の蒸発散抵抗ともいう.群落抵抗の逆数を蒸発散の群落コンダクタンスと呼ぶ.蒸発散量Eは,*空気力学的抵抗rAと群落抵抗rcを用いて次式のように表される.ここでρは空気密度,Tsは群落の代表的な温度,qSAT(Ts)は温度Tsに対する飽和比湿,qは群落上での比湿である(比湿(ρw/p)は,空気中に含まれる水蒸気密度ρwの湿潤空気の密度ρに対する比).群落抵抗は,個々の葉の気孔抵抗や土壌の湿潤度に依存するほか,群落内における拡散過程の影響も受ける.

canopy resistance.png

添付ファイル: filecanopy resistance.png 750件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS