蛍光検出磁気共鳴[fluorescence detected magneticresonance (FDMR)]

  光とEPRの二重共鳴ODMR(optically detected magnetic resonance, 光検出磁気共鳴)のうち蛍光を観測して,その強度の変化がEPRの共鳴によって起こるのを観測する.励起光と蛍光はフィルターで分け,また蛍光は弱いのでADMR (absorption detected magnetic resonance, 光吸収検出磁気共鳴)より感度のよい検出器が必要である.光合成細菌光化学系Ⅰアンテナ系のクロロフィル*三重項のゼロ磁場定数が数多く決められ,電子移動を伴うエネルギー移動においてクロロフィル相互配置の情報を与える.


Last-modified: 2015-03-23 (月) 16:37:18 (1718d)

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS