18(16) kDaタンパク質[18(16) kDa protein]

 高等植物と真核緑藻類の光化学系Ⅱ複合体のチラコイド内腔側に結合している塩基性水溶性タンパク質.別名,17 kDa タンパク質,PsbQ,OEC18,OEE3とも呼ばれ,核ゲノムのpsbQ遺伝子にコードされている.酸素発生活性に必須な塩素イオンのマンガンクラスター周辺への安定な結合に必要.塩化ナトリウム処理 (≧0.3 M NaCl)により,複合体から可逆的に遊離する.複合体への安定な結合には,光化学系Ⅱ表在性タンパク質である 24 (23) kDaタンパク質が必要で,その機能を補助する役割を持つ.詳細な結合様式は未解明.シアノバクテリアにはCyanoQ,紅藻や珪藻にはPsbQ',緑色植物にはPQLタンパク質などの分子機能が異なるホモログが存在する.

関連項目


Last-modified: 2015-03-23 (月) 16:24:51 (1579d)

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS