NDH複合体[NDH complex]

 NAD(P)Hデヒドロゲナーゼ複合体の略称であったが,被子植物ではNAD(P)Hではなくフェレドキシンから電子を受け取ると考えられ,NADHデヒドロゲナーゼ様複合体と読み替えることが提案されている.葉緑体チラコイド膜に局在する酵素で,呼吸鎖複合体Ⅰのサブユニットと高い相同性をもつ11のサブユニットと核コードの多くのサブユニットから成る大きな複合体である.被子植物では、光化学系Ⅰと超複合体を形成しており, その11サブユニットが葉緑体ゲノムにコードされている(ndh 遺伝子).しかし,一部の緑藻類や裸子植物の葉緑体ではこの酵素をコードする遺伝子が欠損している.シアノバクテリアにもNDH複合体が存在するが、呼吸鎖、光化学系Ⅰ循環的電子伝達に加えて、細胞への無機炭素の取り込みに機能している.生理機能については,シアノバクテリアに加えて、遺伝子破壊株を用いた研究によりゼニゴケ、タバコ、シロイヌナズナ、イネなどで研究が行われている.真核生物では、NDH複合体は、光化学系Ⅰ循環的電子伝達に関わっている.また,呼吸鎖複合体Ⅰとの相同性から,被子植物のNDHが暗所では葉緑体呼吸に関与しているという考えも古くからある.

関連項目


Last-modified: 2015-03-25 (水) 10:27:16 (1717d)

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS