PEP

 plastid-encoded plastid RNA polymeraseの略称,コア酵素(α2ββ'β")が色素体DNAコードであることから, PEPと呼ばれる. nuclear-encodedplastid RNA polymerase (NEP)に対比した命名.細菌型RNAポリメラーゼ,大腸菌型RNAポリメラーゼ,あるいはポリメリックRNAポリメラーゼとも呼ばれる.葉緑体に代表される色素体に局在し,色素体DNAにコードされる主としてタンパク質遺伝子(とりわけ光合成機能タンパク質遺伝子)を転写する.サブユニット構造は,大腸菌RNAポリメラーゼ(α2ββ'ωσ)と類似しているが,β"を含み(α2ββ'β"σである.α,β,β',β",σは,それぞれ色素体遺伝子rpoA,rpoB,rpoC1,rpoC2,および核遺伝子Sigにコードされている.


Last-modified: 2015-03-23 (月) 16:26:28 (1699d)

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS