UV-Bトレランス[UV-B torelance]

  植物はUV-Bによる障害を回避するために複数の紫外線防御機構をもっている.表皮細胞の液胞にフラボノイドなどのフェノール性のUV吸収色素を蓄積して, UV-Bが葉肉細胞などに到達するのを抑えている.表皮を透過したUV-Bは葉肉細胞などのDNAに損傷を与えるが,損傷DNAは暗修復,光修復などにより修復される.植物では特に光回復酵素による光修復が重要である.光回復酵素を過剰に発現させたイネ、シロイヌナズナ組換え体はUV-B耐性を獲得することが報告されている.また、UV-Bは細胞内に活性酸素種も生成させ、様々な酸化障害も引き起こす.紫外線吸収物質や光回復酵素はUV-B照射により生成が促進される.植物はこれらの機能によって, UV-Bに対して耐性を示す.また, UV-BはD1タンパク質の代謝回転を促進することが報告されている.Synechococcusでは, UV-Bによって発現が抑制されるD1タンパク質遺伝子と発現が誘導される遺伝子があり,これらもUV-Bによる光合成阻害に耐えるしくみの一つと思われる.

関連項目


Last-modified: 2015-03-30 (月) 13:44:06 (1664d)

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS