シアノフォラ パラドキサ [Cyanophora paradoxa]

 灰色植物の1種.単細胞遊泳性であり,細胞腹面から生じて前後に伸びる2本の鞭毛をもつ.鞭毛には非管状小毛が付随する.葉緑体シアネルともよばれ,1細胞に1〜2個,非側膜性で中央にピレノイドをもつ.光合成色素としてクロロフィルa,フィコビリン(アロフィコシアニンとC-フィコシアニン),ゼアキサンチン,β-クリプトキサンチン,β-カロテンをもつ.葉緑体はペプチドグリカン層の存在,典型的LHC タンパク質の欠如,色素体分裂リングにおける細胞質リングの欠如など原始的な特徴を示す.細胞外被を欠き,細胞膜直下に板状構造を含む多角形で扁平な小胞が列んでいる.眼点を欠く.光走性はもたないが,光驚動反応を示す.ロドプシンが葉緑体膜上に存在することが報告されている.核,葉緑体,ミトコンドリアのゲノム塩基配列が報告されている.淡水止水域に生育する.

 近年,シアノフォラ属に新たに4種が記載され,Cyanophora paradoxaとされていた株の中には別種へ移されたものもある.


Last-modified: 2015-03-23 (月) 16:29:26 (1727d)

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS