二酸化炭素固定抵抗(コンダクタンス)[CO2 resistance (conductance)]

  光合成におけるCO2の拡散をオームの法則と同型数式として表現した光合成モデルで用いられた概念.光合成速度Aは,葉内における細胞間隙のCO2濃度をCi,二酸化炭素固定酵素近傍のCO2濃度をCc,二酸化炭素固定抵抗Rcとして, A=(Ci-Cc)/Rcとして表現され,CcはゼロまたはCO2補償点濃度とされた.CO2固定に関する“抵抗"の実体がリブロース1,5-ビスリン酸カルボキシラーゼ/オキシゲナーゼ(Rubisco)であることが明確になり,この酵素のキネティクスが明らかにされてからは使われなくなった.

関連項目


Last-modified: 2015-03-23 (月) 16:32:46 (1727d)

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS