*グルタミルtRNAシンターゼ[glutamyl-tRNA synthase]
  EC 6.1.1.17.グルタミン酸とグルタミルtRNAをATPの加水分解エネルギーを用いて結合させる酵素.この酵素によって合成されたグルタミルtRNAはタンパク質合成および[[C&subsc(5);経路>C5経路]]におけるテトラピロール合成に用いられる.オオムギのプラスチドの場合など,この酵素がグルタミンとグルタミンtRNAの結合も触媒する例が知られている.(→クロロフィル'''a'''の生合成)


** 関連項目 [#if72ced0]
-[[クロロフィルaの生合成]]


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS