#freeze
*ビオラキサンチンデエポキシダーゼ[violaxanthin de-epoxidase] [#t1397906]
 カロテノイド変換酵素.EC1.10.99.3.遺伝子名'''vde'''.[[ビオラキサンチン]]を脱エポキシ化して[[アンテラキサンチン]]に転換し,さらに[[ゼアキサンチン]]に転換する.葉緑体[[チラコイドルーメン]]に局在し,反応に[[アスコルビン酸]]が必要である.強光下で増加する葉緑体の光合成電子伝達に伴って生じるストロマとルーメン間のΔpHによってチラコイドルーメンが酸性化し,pHが低下するとビオラキサンチンデエポキシダーゼが活性化され,アンテラキサンチン,ゼアキサンチンが蓄積する.このことは,光化学系Ⅱの量子収率の低下の誘導に重要な機能を果たす.すなわち,励起状態のクロロフィルからゼアキサンチンが励起エネルギーを受け取り,ゼアキサンチンの励起状態は熱エネルギーを放出して解消する.逆に暗所あるいは弱光下では,ルーメンのpHが中性化するのでビオラキサンチンデエポキシダーゼが不活性化し,[[ゼアキサンチンエポキシダーゼ]](ZDE)によりアンテラキサンチン,ゼアキサンチンがビオラキサンチンに再転換される.[[キサントフィルサイクル]]を担っている.陸上植物や緑藻で調べられた.
 カロテノイド変換酵素.EC1.10.99.3.遺伝子名'''vde'''.[[ビオラキサンチン]]を脱エポキシ化して[[アンテラキサンチン]]に転換し,さらに[[ゼアキサンチン]]に転換する.葉緑体[[チラコイドルーメン]]に局在し,反応に[[アスコルビン酸]]が必要である.強光下で増加する葉緑体の光合成電子伝達に伴って生じるストロマとルーメン間のΔpHによってチラコイドルーメンが酸性化し,pHが低下するとビオラキサンチンデエポキシダーゼが活性化され,アンテラキサンチン,ゼアキサンチンが蓄積する.このことは,光化学系Ⅱの量子収率の低下の誘導に重要な機能を果たす.逆に暗所あるいは弱光下では,ルーメンのpHが中性化するのでビオラキサンチンデエポキシダーゼが不活性化し,[[ゼアキサンチンエポキシダーゼ]](ZDE)によりアンテラキサンチン,ゼアキサンチンがビオラキサンチンに再転換される.[[キサントフィルサイクル]]を担っている.陸上植物や緑藻で調べられた.

** 関連項目 [#if72ced0]
-[[カロテノイドの生合成]]
-[[キサントフィルサイクル]]
-[[光化学系ⅡのΔpHによる効率低下制御]]



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS