*F695
 F695  [[酸素発生型光合成]]生物の光合成膜([[チラコイド膜]])の低温(たとえば液体窒素温度)で測定した[[蛍光]]発光スペクトルに見られる695 nmの発光(蛍光)帯,あるいはそれを発する成分のこと.[[光化学系Ⅱ反応中心]]近傍で特別な環境にある[[クロロフィル]]が発するものと考えられ,[[光化学系Ⅱ]]の存在の指標として使われることがある.低温スペクトルでは,典型的には,光化学系ⅡはF685とF695の2つの蛍光帯を,[[光化学系Ⅰ]]は720~740 nm の領域に幅広い蛍光帯を示す. F695の強度は強い温度依存性を示し,常温では観測されない.また,媒質の影響も受けやすい.(→低温蛍光スペクトル)


** 関連項目 [#if72ced0]
-[[低温蛍光スペクトル]]

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS