ストロマチラコイド[stroma thylakoid]

  グラナを形成していない単層のチラコイドをいう.ストロマラメラともいう.チラコイド画分をジギトニン処理もしくはフレンチプレス処理することによって微細小胞となり,遠心分離によってグラナチラコイドと分離することができる.主に光化学系ⅠやATP合成酵素,シトクロムb6f複合体などを含み,比較的高いクロロフィルa/b比を示す.しかし,少量の光化学系Ⅱやその他のタンパク質も含む.D1タンパク質などの膜タンパク質の合成・挿入の場でもある.

関連項目


Last-modified: 2015-03-23 (月) 16:29:56 (882d)

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS