チャンス[Chance, B.]

  Chance, Britton, 1913 -2010.米国の生物物理学・生化学者.ペンシルベニア大学とケンブリッジ大学において物理化学と生物学で学位を得たのち,第二次大戦中はマサチューセッツ工科大学で電子装置の開発に従事した.その後,主にフィラデルフィアのペンシルベニア大学で研究活動を行い,酵素の反応機構,生体の電子伝達系の構成と機能,生体エネルギー変換機構,生体過程の非破壊系における解析などで優れた成果をあげた.また,酵素反応や光合成電子伝達系の測定のために高速フロー法,ダブルビーム分光測定などの技法を開発した.光合成分野では反応中心での初期過程,超低温における電子伝達,短い時開域における高速過程の解析などで先駆的な業績をあげた.


Last-modified: 2016-02-16 (火) 16:40:14 (438d)

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS