フィコビリン[phycobilin]

藻類やシアノバクテリアがもつフィコビリタンパク質に結合する開環テトラピロール型色素(発色団)の総称.フィコシアノビリン、フィコエリスロビリン、フィコビオロビリン、フィコウロビリンなどが知られている。これらは、開環テトラピロールの1〜2箇所でタンパク質のCys残基と共有結合している。また、フィコシアノビリンとフィコビオロビリンはシアノバクテリアの光受容体シアノバクテリオクロムの発色団としてもよく知られている.一方、植物や藻類、シアノバクテリアのフィトクロムに結合する開環テトラピロール型色素をフィトビリン[phytobilin]と総称する.これらは、ヘムオキシゲナーゼがヘムを開環して生じるビリベルジン[biliverdin]を還元してつくられる.フィコビリン色素はフィコビリタンパク質に共有結合させるために、特異的なビリンリアーゼがはたらくことが多い.

フィコビリタンパク質フィコシアニンアロフィコシアニンフィコエリスリン


Last-modified: 2015-03-23 (月) 16:30:58 (1699d)

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS