ルーベン[Ruben, S.]

  Ruben, Samuel, 1913-1943.米国の化学者.単細胞緑藻クロレラに18Oを含む水を与えて,光合成で発生する酸素が水に由来することをケーメンらとともに明らかにした(1941).また,二酸化炭素の取り込みの生化学的機構について研究し,初めて同位元素による中間生成物の同定を試みていたが,短寿命の放射性炭素11Cを使っていたため,制約が大きく,光合成では成果が十分に得られなかった.一方,メタン生成菌での実験では二酸化炭素還元経路の同定に成功した.ルーベンは長寿命の14Cを1940年にケーメンとともに初めて調製し.光合成などの代謝過程における放射性炭素の応用の道を開いた.第二次大戦中,ルーベンは化学兵器の開発に関与し,実験室における事故のために死亡した.


Last-modified: 2018-04-17 (火) 21:50:31 (6d)

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS