化学無機栄養(生物)[chemolithotrophy (chemolithotroph)]

  化学合成独立栄養ともいう.光を利用せずに無機化合物を酸化してATPをつくり,空気中の二酸化炭素から細胞構成成分を合成する栄養様式(その栄養条件で増殖する生物)をいうが,こういう生物は細菌と古細菌に知られている.化学無機栄養生物としては,アンモニアを亜硝酸に酸化するアンモニア酸化細菌(Nitrosomonaseuropaeaなど),亜硝酸を硝酸に酸化する亜硝酸酸化細菌(Nitrobacter winogradskyiなど),硫化水素などの硫黄化合物(単体硫黄を含む)を硫酸に酸化する*硫黄酸化細菌 (Thiobacillus thiooxidansなど),2価鉄を3価鉄に酸化する鉄酸化細菌(Acidithiobacillus (以前のThiobacillus) ferrooxidansなど),水素ガスを水に酸化する水素(酸化)細菌(Hydrogenobacter thermophilusなど),水素ガスを二酸化炭素で酸化してメタンを生じるメタン生成菌(Methanobacterium thermoautotrophicumなど)がある.そのほか,*脱窒菌(Thiobacillus denitrificansなど),硫酸還元菌(Desulfobacterium autotrophicumなど)にも独立栄養条件で生育するものがある.無機物酸化はそれぞれの細菌に特有の反応メカニズムで行われるが,二酸化炭素固定反応は多くの場合還元的ペントースリン酸回路である.ただ,水素酸化細菌や硫酸還元古細菌(Thermoproteus)は還元的TCA回路によって,メタン生成菌や酢酸生成菌は還元的アセチルCoA経路で二酸化炭素を固定する.ある種の細菌や古細菌は,3-ヒドロキシプロピオン酸を介した回路で二酸化炭素を固定する.化学無機栄養生物は地球表層における物質循環,物質変換に深く関わっている.

関連項目


Last-modified: 2018-04-19 (木) 17:13:32 (234d)

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS