HiPIP

 HiPIP High-Potential Iron-sulfur Protein (高ポテンシャル鉄硫黄タンパク質)の略称.細菌の細胞膜と細胞壁の間隙(ペリプラズム空間)に存在する分子量約0.7万~1万の水溶性電子伝達タンパク質.[4Fe-4S]の鉄硫黄クラスターをもち,50~450 mV の酸化還元電位を示す.主に紅色細菌のβおよびγサブクラスに属する種にみられ,反応中心や末端酸化酵素への電子供与体として働く.非光合成細菌にもこれをもつものがある.

関連項目


Last-modified: 2015-03-23 (月) 16:25:55 (1610d)

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS