鉄-硫黄センターB[iron-sulfur center B]

  鉄-硫黄クラスターBとも呼ばれる.光化学系Ⅰの電子受容体の一つ.FBと略称される. *4Fe-4S構造をもち, PsaC上に存在する.酸化還元電位は約-600mVと測定されており,鉄-硫黄センターA?よりマイナスの酸化還元電位をもつが,鉄-硫黄センターX?に対してより遠くに位置しているため(FX-FB間の距離は22.0Å),生体内では鉄-硫黄センターAから電子を受容し,水溶性電子受容体であるフェレドキシン(鉄欠乏条件下ではフラボドキシン)に電子を与えると考えられている.光化学系Ⅰ膜結合性の末端電子受容体であるため, P700からFBに到達した電子は約60ミリ秒で再びP700へ戻る.FBは還元されると10K程度の極低温でg=1.89,1.92, 2.05付近に特徴的なEPRシグナルを示す.鉄-硫黄センターBが鉄-硫黄センターAとともに還元されるとEPRシグナルの相互作用が起こり,鉄-硫黄センターAとBのシグナルを足したものとは異なるシグナルが得られる.緑色イオウ細菌やヘリオバクテリアも光化学系Ⅰ型反応中心をもち,電子受容体としてFBが機能している.緑色イオウ細菌ではPscB上に,ヘリオバクテリアではPshB上に存在している.(→口絵・付録)

関連項目


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS