チロシンD[tyrosine D]

  光化学系Ⅱ複合体を構成するD2タンパク質の161番目(シアノバクテリアおよびクラミドモナスでは160番目)のチロシン残基. YDと略記されることが多い.D1タンパク質チロシンZと擬C2対称に位置し, P680のラジカルカチオンにより酸化される.チロシンZが主電子伝達経路を形成するのに対し,チロシンDの酸化は副次的な反応であり,その生理的役割は明らかではない.酸化されるとプロトンを解離し,中性ラジカルとして生理条件下で比較的安定に存在する.

関連項目


Last-modified: 2015-03-27 (金) 11:43:30 (1541d)

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS