フラボドキシン[flavodoxin]

  分子量約2万のFMNタンパク質(→フラビンタンパク質)で,鉄欠乏でその発現が誘導されるisiB遺伝子にコードされている.鉄欠乏条件下では鉄硫黄タンパク質であるフェレドキシンの合成が阻害されるため,シアノバクテリア,藻類,細菌類などの一部の種ではフラボドキシンの合成が誘導され,フェレドキシンの代わりとして働くようになる(→鉄イオン欠乏ストレス).その電気的性質や酸化還元電位はフェレドキシンとよく似ている.鉄欠乏条件下ではフラボドキシンが光化学系Ⅰの電子受容体として働き,フェレドキシンに代わってFA/FBから電子を受け取り, FNRなどに電子を与える.

関連項目


Last-modified: 2015-03-27 (金) 12:03:50 (1640d)

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS