クロラシドバクテリウム[Chloracidobacterium thermophilum]

 2007年に米国イエローストーン国立公園の温泉微生物マットから発見された、Acidobacteria門に属する初めての光合成細菌. 門レベルでの新規光合成細菌の発見はヘリオバクテリアFirmicutes門)以来約四半世紀ぶりであり、本発見により光合成細菌が属する門が5門に拡充された(シアノバクテリアを光合成細菌に含める場合は6門となる). 至適温度は53℃. 好気性であるが培養に光条件は必須であり、好気性光合成細菌とは異なる. 非光合成細菌であるMeiothermus sp.との共培養系でよく育つ. 反応中心の型は光化学系Ⅰ型. 光捕集アンテナとしてクロロソームFMOタンパク質を持つ. 光合成色素として、バクテリオクロロフィルaの他に、バクテリオクロロフィルcクロロフィルa、および亜鉛-バクテリオクロロフィルaを持つという特徴がある.

関連項目


Last-modified: 2015-03-23 (月) 16:28:41 (1523d)

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS