エネルギー植物[energy plants]

  エネルギー源として利用される植物の総称.植物が光合成により蓄積した有機化合物は適当な変換操作を加えることにより,有益なエネルギーとして取り出すことができることから,化石燃料の代替物としての可能性が注目されている.エネルギー植物としては,木本植物,草本植物,水生植物,海藻類,微小藻類などがあり,これら植物の炭水化物,炭化水素,タンパク質や脂質などが理論的には利用可能であるが,実用化しているものは少ない.そのなかで,炭水化物のアルコール発酵によりエチルアルコールを生成させ,これを燃料として利用する方法は代表的な実用例である.サトウキビの搾汁あるいは糖蜜を発酵させて生成したアルコールはガソリンの代替としてブラジルなどで普及している.炭水化物を多量に蓄積する植物種はいずれもエネルギー植物として利用しうるが,その植物の収量やアルコールの生産効率などによって有用性が左右される.

energy plants.png

添付ファイル: fileenergy plants.png 1078件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-05-12 (火) 04:43:24