脂肪酸の分解[degradation of fatty acid]

  脂肪酸は,主にβ酸化によって分解される.その他にα酸化が関与する場合もある.高等動物では,β酸化の場がミトコンドリアとペルオキシソームの2個所であるのに対し,植物細胞ではペルオキシソームのみである.発芽中の脂肪性種子植物では,貯蔵器官において高いβ酸化活性を示す.この時期のペルオキシソームは,β酸化のほかにグリオキシル酸回路をもつため,特にグリオキシソームと呼ぶことがある.脂肪酸は, ABC輸送体型のペルオキシソーム膜タンパク質によってペルオキシソーム内へ運ばれ,アシルCoA合成酵素の働きでアシルCoAに活性化される.アシルCoAは,β酸化(図)によってアセチルCoAに分解される.β酸化系は,アシルCoA酸化酵素,多頭酵素(エノイルCoAヒドラターゼおよび3-ヒドロキシアシルCoAデヒドロゲナーゼ活性を含む), 3-ケトアシルCoAチオラーゼの3つの酵素タンパク質から成る代謝系で,アシルCoAをアセチルCoAと炭素数が2つ少ないアシルCoAに分解する.後者は再びβ酸化による分解を受ける.動物のペルオキシソームとは異なり,植物のペルオキシソームは,長鎖から短鎖まですべての脂肪酸をβ酸化の基質に用いることができる.そのため,生体内に一般的に存在する偶数鎖脂肪酸はペルオキシソーム内で完全にアセチルCoAに代謝される.グリオキシソームでは,β酸化から放出される2分子のアセチルCoAがグリオキシル酸回路に取り込まれ,1分子のコハク酸に代謝される.グリオキシル酸回路は,イソクエン酸リアーゼ,リンゴ酸合成酵素,リンゴ酸脱水素酵素,クエン酸合成酵素,アコニターゼの5つの酵素で構成される.コハク酸は,さらにミトコンドリアと細胞質ゾルを経由してスクロースに代謝され,他の細胞へ転流される.β酸化を欠損する突然変異体は,発芽時にショ糖要求性を示す.

degradation of fatty acid.png

関連項目


添付ファイル: filedegradation of fatty acid.png 1949件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-05-12 (火) 04:45:23