アドリー試薬[ADRY reagent]

  アドリー(ADRY)は, Acceleration of the Deactivation Reactions of the water-splitting enzyme system Y の略語. Renger(1972)により,酸素発生反応でより酸化された状態にあるS2やS3の不活化(deactivation)を促進する働きをもつ試薬に対し命名された.芳香環にイミノ基やOH基を結合したCCCPやANT-2p (2-(3-chloro-4-trifluoromethyl)anilino-3,5-dinitrothiophene,下記に構造式)が代表的な例.脱共役剤として働く場合も多い.

ANT-2p.png

関連項目


添付ファイル: fileANT-2p.png 1352件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-05-12 (火) 04:46:20