クロロフィル蛍光の非光化学的消光[nonphotochemical quenching of chlorophyll fluorescence]

  光化学系Ⅱの還元型QAキノン電子受容体の再酸化以外の原因で起こるクロロフィル蛍光収率(励起光強度一定のときは蛍光強度に比例)の低下をさす.光化学系Ⅱの量子収率の低下を反映している.暗馴化した葉や葉緑体に強い連続光を照射したときなどに観測される.非光化学的消光の原因には, (1)光化学系ⅡのΔpHによる効率低下制御, (2)ステート1-ステート2遷移,および(3)光化学系Ⅱの光阻害がある.シアノバクテリアにおいては、このほか、オレンジカロテノイドタンパク質(OCP)によるエネルギー放散も非光化学消光として観察される. PAM蛍光法ではパラメータqNもしくはNPQとして定量化される.

関連項目


Last-modified: 2015-03-27 (金) 11:28:28 (1762d)

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS