クロロフィル c[chlorophyll c]

  主に褐藻類や珪藻類などの不等毛植物ハプト植物クリプト植物渦鞭毛植物などの藻類に含まれるクロロフィル.クロフィルaやbの基本骨格がクロリン環であるに対し,クロロフィル cポルフィリン環を基本骨格としている.また,プロピオン酸側鎖(フィトール)をもたず,17位の炭素には,アクリル酸側鎖が結合している.ポルフィリン骨格に結合する側鎖の違いによりc1,c2,c3が見いだされている.7位,8位の炭素にそれぞれメチル基,ビニル基をもつc2を基本とし,c1の場合8位の炭素がエチル基,c3の場合7位の炭素がカルボキシメチル基になっている.ポルフィリン環を基本骨格としているため,440~450 nm 付近の吸収が大きく,赤色光付近の吸収は小さい.

関連項目


Last-modified: 2015-03-27 (金) 11:13:50 (1723d)

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS