グリコール酸回路[glycolate cycle]

  Rubisco(ルビスコ)のオキシゲナーゼ作用で生成したホスホグリコール酸が脱リン酸されて生ずるグリコール酸が代謝される回路. Tolbert (1963)により提唱された光呼吸の代謝回路である.葉緑体からペルオキシソームヘ移行したグリコール酸は,酸化されてグリオキシル酸となり,グリオキシル酸はアミノ基転移を受けてグリシンとなる.ミトコンドリアに移ったグリシンはグリシン脱炭酸複合体により分解し, CO2,アンモニア,C1化合物となる.C1化合物は別のグリシンと反応してセリンになる.セリンはペルオキシソームに移行し,アミノ基をグリオキシル酸に転移してヒドロキシピルビン酸に,さらに脱水素反応によりグリセリン酸となる.グリセリン酸は葉緑体に移行してリン酸化され,還元的ペントースリン酸回路(カルビン回路)に入る.ミトコンドリアで発生したCO2とアンモニアは葉緑体に移行し,再び同化される.

glycolate cycle.png

関連項目


Last-modified: 2015-03-23 (月) 16:29:04 (1727d)

添付ファイル: fileglycolate cycle.png 431件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS