植物成長調節剤[plant growth regulator]

  植物の成長・分化を制御している生物由来の天然または合成された植物ホルモン,ホルモン様の生理活性を示す物質の総称.このうち,農業上利用され,農薬登録されたものを一般的に植物成長調節剤と呼ぶ.登録されている成長調節剤は約130件ある.植物成長調節剤は植物ホルモンそのもの,あるいはそれと同じような生物活性を有するもの,特異的なホルモン生合成阻害剤などがある.発根促進には2,4-D類縁体のMCPA,トマトの着果には4-CPA,植物の矮化にはジベレリン生合成阻害剤のウニコナゾール,エチレン生成剤のエテホン,サイトカイニン剤のベンジルアデニンなどがある.


Last-modified: 2015-03-23 (月) 16:35:10 (1721d)

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS