淘汰[selection]

  ダーウィンの『種の起源』で述べられている適者生存の考え方.生物種内および生物種間で繰り返される生存競争において,棲息環境や環境変動に対して,その個体にとって有利な変化(変異)があると,その個体は生き残る可能性が高くなる.つまり,適応するものが自然に選択され残存する.選択された変異は遺伝によって子孫に伝えられ,集団に広がる.


Last-modified: 2015-03-23 (月) 16:35:28 (1724d)

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS