葉肉表面積[mesophyll surface area]

  葉肉組織において細胞間隙に接している細胞壁の表面積.通常,陸上の高等植物の葉に用いられる場合が多く,単位葉面積当たりで表すことが多い.気孔から取り込まれたCO2は拡散によって葉緑体に到達し,光合成に利用される.葉緑体は細胞間隙からCO2を受け取るために葉肉細胞表面付近に存在する.葉肉表面積は葉のCO2摂取面積を反映し,飽和光下で測定した単位葉面積当たりの純光合成速度(光合成能力)と良い正の相関を示す.葉肉表面積は,植物の種類や環境条件によって変わるが,およそ10~50を示す.

関連項目


Last-modified: 2015-03-23 (月) 16:37:10 (1763d)

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS