D1タンパク質前駆体[precursor of D1 protein]

 光化学系Ⅱ反応中心のサブユニットの一つであるD1タンパク質(psbA遺伝子産物)は,カルボキシル末端(C末端)に延長配列をもつ前駆体として合成され,光化学系Ⅱ複合体に取り込まれたのちC末端プロセシングプロテアーゼ(CtpAまたはDIP)の作用により,この延長配列が切断除去されて成熟化する.C末端延長部分は,典型的には,緑色植物で9残基,シアノバクテリアで16残基のアミノ酸で構成されており,二次共生,三次共生の結果生じたと考えられる渦鞭毛植物ユーグレナ藻ではpsbA遺伝子にこの延長配列が存在しないものがある.D1タンパク質前駆体C末端延長部分が存在する場合,その切断除去は光化学系Ⅱにおいて水分解反応を触媒するマンガンクラスターの形成に不可欠であり,この機能を欠く変異体は光独立栄養的には生育できない.

関連項目


Last-modified: 2015-03-23 (月) 16:25:30 (1726d)

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS