カタラーゼ[catalase]

  EC 1.11.1.6.嫌気性細菌を除き,植物,動物,微生物に広く分布し,過酸化水素(H2O2)を不均化反応で消去する酵素. 2H2O2→2H2O+O2
 同一サブユニットから成る四量体で,分子量は約24万.サブユニット当たり1個のプロトポルフィリンⅨを含むヘムタンパク質であり,分子内にNAD(P)H結合部位をもつ.乳酸菌のカタラーゼのみがヘムカタラーゼとまったく異なるMn-タンパク質である.アスコルビン酸ペルオキシダーゼグルタチオンペルオキシダーゼなどと異なり,電子供与体を必要としないでH2O2を消去することができるが, H2O2に対する親和性は低い(Km:数百mM~1.1M).カタラーゼ活性の0.01%程度のペルオキシダーゼ活性もあり,この場合エタノール,ギ酸などが電子供与体となる.植物では葉緑体には存在せず,主にグリオキシソーム,ペルオキシソームに局在し,光呼吸およびβ酸化(グリオキシル酸回路)の構成酵素であるグリコール酸オキシダーゼおよびアシルCoAオキシダーゼにより生じるH2O2を消去している.高等植物には進化上同一遺伝子に由来すると推測される少なくとも3種類のカタラーゼ遺伝子が存在し,それぞれが器官,時期およびストレス特異的に発現制御される.


Last-modified: 2015-03-23 (月) 16:28:24 (1726d)

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS