フィコエリスロシアニン[phycoerythrocyanin]

 一部のシアノバクテリア(Anabaena sp. PCC 7120など)がもつ,フィコビリソームロッド構造の先端部に位置するフィコビリタンパク質の一種である.分子量1.6万~2.0万の2種のサブユニットα(pecA遺伝子),β(pecB遺伝子)から構成され,αには1分子のフィコビオロビリン(フィコビリビオリンともいう),βには2分子のフィコシアノビリンが結合している. 575 nm 付近の吸収極大(600nmの肩), 634 nm の蛍光極大を示す.フィコエリスロシアニンの六量体ディスクを隣のフィコシアニンの六量体ディスクに連結にするには、特異的なリンカータンパク質(pecC遺伝子)が必要である.


Last-modified: 2015-03-23 (月) 16:30:54 (1897d)

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS