光化学系Ⅰ二次電子受容体[PSI secondaryelectron acceptor (A1)]

  光化学系Ⅰ反応中心では,光化学反応により電子は,一次電子供与体(クロロフィルaの二量体(P700))→一次電子受容体(クロロフィルa単量体:Chl a690, A0とも呼ばれる)→二次電子受容体(フィロキノン(A1))→*四鉄-四硫黄センター(FX,A2)→鉄硫黄クラスター(FAとFB)→フェレドキシン,と伝達される.電子受容体は当初,電子スピン共鳴などの測定からA0, A1,A2とその機能を表して命名されたが,後にその実体がクロロフィルaフィロキノン,鉄硫黄クラスターであることがわかった.現在も両方の名称が使われる.同じ光化学系Ⅰ型のヘリオバクテリア緑色硫黄細菌ホモダイマー型反応中心についても,同様の名称が使われる.しかし,ホモ二量体型反応中心でのキノンの役割は不明.


Last-modified: 2015-03-23 (月) 16:33:10 (1761d)

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS