共役反応[coupled reaction]

  2つの反応が組み合わさって起こること.生体膜において酸化還元エネルギーを*プロトン(H+)の電気化学的ポテンシャル差に変換し,これをATPの合成に利用する反応が代表的であるが,これ以外にも,酸化還元の共役(例:解糖におけるNAD+/NADHの生成と消滅),エネルギー共役反応(例:グルコースからグルコース6-リン酸を生じる反応はATPによるリン酸基供与により可能になること)などに広く用いられる語.本来の用字は共軛反応.


共役反応[coupled reaction]

  2つの反応が組み合わさって起こること.生体膜において酸化還元エネルギーを*プロトン(H+)の電気化学的ポテンシャル差に変換し,これをATPの合成に利用する反応が代表的であるが,これ以外にも,酸化還元の共役(例:解糖におけるNAD+/NADHの生成と消滅),エネルギー共役反応(例:グルコースからグルコース6-リン酸を生じる反応はATPによるリン酸基供与により可能になること)などに広く用いられる語.本来の用字は共軛反応.


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS